Shoji Times

shoji1927.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 25日

年末所感

今年も残り少なくなりましたね。テレビでは1年を振り返っての番組が各局で競っています。

概して悲観的な出来事を並べたてています。街頭で意見を聞いている番組では場所を選び

若者が多く集まる六本木では  ①景気を良くして雇用問題の解決を望む ②政治の不安定で

国の方向性が決まらず国民の不安感が強い ③国の借金が膨大で将来にツケ回される怖さ

等々の意見が多く(消費税を上げても国の借金を減らすべきだととする意味を含む)等が

ありました。若者も国と自分の将来を心配しているのです。

もし場所が老人が集まるとこだと違った順位になるでしょう。例えば政治家に対する不満、

党利党略が目立ち、自分の選挙のことが先で議員数を減らすなどの議論は選挙前に言った

ことは忘れられている等が言われるのではないでしょうか勿論年金や介護に対してもです。

私もいくつかの忘年会では与党内の対立にうんざりしたという意見が多かったです。

新年も近いので希望の持てる社会の見通しを持ちながら年を越したいものですね。
[PR]

by shoji1927 | 2010-12-25 15:47


<< 老々介護      国民総背番号制 >>