Shoji Times

shoji1927.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 16日

合成の誤謬(ごびょう)

この頃余り言われなくなりましたが、合成の誤謬(ごびょう)という言葉が唱えられました。

例えば、貯蓄は美徳といわれますが、貯蓄は節約の成果ともいえますから全員がこぞって

節約すれば消費は沈滞し不況に追い込まれます。現在のデフレ不況はそれが大きな原因です。

何でも安くしないと売れないので消費者は待っていればまだまだ値下がりするだろうと買い控え

ます。最近では自動車と省エネ電気製品に期限つきでエコポイントをつけ消費を煽りました

今月でその両方も終わります。確かに無策であるよりやっただけ盛り上がり経済的効果はあった

と思いますが、難しいのはイベントが終わったあとですね。イベントで景気が良くなり消費が

活発になりそれが引き金になって以後、順調にいけば万事OKでしょう。逆に考えれば来年から

消費税が上がるとなれば駆け込み需要が起きて一時的に売り上げは増大するでしょう。

しかし過去を振り返ってみれば、そんなことは何度もありました。ちょっとした不安情報に振り

回され大勢が一度に同じ動きをした昭和48年のトイレットペーパー騒ぎを思い出してください。

1年であの騒ぎは終わりました。少しテーマの合成の誤謬(ごびょう)と話しがずれましたが

何事も個々の落ち着きが大事ではないでしょうかということが私の考えなのです。偉そう・・・・
[PR]

by shoji1927 | 2010-12-16 15:27


<< 見台開き      電子書籍 >>