Shoji Times

shoji1927.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2011年 10月 27日

マスコミの報道にひとこと

私は毎日,テレビやインターネットで主として経済問題を中心に情報を得ています。

気になるのが、時代に沿ったテーマでも声の大きい人たちの意見を取り上げ公平性に欠けると

感じています。例えばTPP問題にしても反対側の集まりや意見ばかりが取り上げられて

冷静に見て果たして反対意見は本当に正しいのかと疑問を感じています。

人間の本能は大きく報道されていると何となくそれが正しいように刷り込まれてしまいます。

尤も情報を見る人の解釈力にもよりますがね。

政治家の場合は、ある部分は選挙を意識しての行動かなとも感じてしまいます。

国としての政策が正しいかどうかを判断出来る人たちは割合静かにしているようですね。

さて社会保障の問題は高齢社会になって年金や健保問題になると高齢者の私たちは肩身が狭く

なります。現役世代が年寄りを支えて苦しい生活を余儀なくされていると言われつらいです。

しかし、戦後の困難期をどう乗り切ったかは若いひとには分かりませんからね。

まあ、世界の中で日本はいい方なんです。

話しは変わりますが、ニュースによると世界の人口は遂に70億人になるとのことです。

特にアフリカで大きく増加し、日本やヨーロッパでは人口減少となっているのは事実です。

中國も一人っ子政策があってインドがずっと人口の多い国になるそうです。

一体2050年ころはどんな世界になっているでしょうか?(私は勿論、いませんが)
[PR]

by shoji1927 | 2011-10-27 16:22
2011年 10月 25日

純粋消費者はない

ニュースも企業の宣伝も消費者本位というスタンスでなされています。

しかし消費者である前に何らかの形で供給側(サプライサイド)に自分自身があることも

忘れてはならないと思います。純粋な消費者という人はないと私は思っています。

今の私は事業から離れた立場にいますが元流通業であり実業社会で厳しい商売をしていましたが

その頃から人は直接ならずとも全員仕事に携わっていると言ってきました。

扶養家族であっても扶養者が仕事することによって収入を得て家族を守っているのですから

完全な消費者という存在はあり得ません。

職業の種類は千差万別ですが収入を上げるためには仕事を通じてその代価を得る

のです。働いて得た収入から税金を払い、その税金で世の中が回っているだと思います。

私の学生時代にアダムスミスの「国富論」をテキストにゼミに参加しましたがその第1章は分業です。

例えば自分は専業主婦でもご亭主が会社で働いて給料を家庭に持ち帰るのも分業でしょう。

要するに完全消費者(或いは純粋消費者)はないというのが私の持論です。

従って消費者が王様だという理論はないと言いたいのです。
[PR]

by shoji1927 | 2011-10-25 14:23
2011年 10月 21日

国際情勢にいらいら

私はこのごろ寝る時間が早くなってきました。やはり年の所為でしょうね。

テレビをベッドサイドに置いて見ながら寝てしまい家内に翌日注意される始末ですので

見たい番組は録画しておくようにしています。先日池上彰氏の中国の実態を詳しく解説した

番組を見ました。毛沢東主席が共産主義を唱え革命を起こし文化大革命と称し紅衛兵が

赤い手帳を持って粛清し人民は実体を知らないまま多くの人民が殺戮されたことは我々世代は

良く知っていますので関心深く見入りました。毛沢東亡き後は経済は自由化され毎年大幅な

成長をしておりますが国民性が日本人と違い商売上手で戦略的ですから信頼し難いですね。

例えばレアアースが世界的に不足となると輸出を停止する等、一時期工業国を困らせました。

余程注意して商売をしないと怖い国民性を感じています。

最近はギリシャのニュースのない日はありません。つられてヨーロッパ各地に信用不安が連鎖し

デモも各地で起こり碌なニュースはありません。

リビアではとうとうカダフィイ大佐が殺害され今後どうなるか気がかりです。

国内も難問山積ですが自助努力で明るい明日を期待したいものですね。
[PR]

by shoji1927 | 2011-10-21 14:26
2011年 10月 14日

消費者本意か?

テレビやコンピューター等は良いものがどんどん安くなります。昔、大手メーカーのトップに聞いた

ことを思い出しました。「良いものを最も安く買うことに絞れば待っていて死ぬ前の日に買うのが最高

ですが、ただその人は使うことなしに死ぬことになりますがね」と気の利いたジョークでした。

さて私はリビングで見るテレビは大きな画面ですがベッドサイドの置くのは小型でしかもイヤーフォンで

音の大きさで同室のベッドに寝る女房に文句を言われないものを使っています。新型が出ているし

録画もブルーレイを買おうと大型家電店で探したところ、どれもイヤーフォンの差込口が正面になくて

年寄りが寝ながら使うには不便なものしかありません。メーカーは格好を重視し薄く造るために前面

にはつけないのです。店員は売り上げを確保したいのか広い店内を探してくれましたがありません。

消費者には色々なニーズがあることは知っているでしょうが設計者も若い人で老人の求めるものは

分からないのでしょうね。私は年の割には新らしもの好きらしく、パソコンも何台か使っています。

今日も新しいアイポットが発売されニュースを見ながら興味をもってそのうち買いたいと思っています。

どうか、造る人たちは高齢化時代を意識して欲しいと思っています。
[PR]

by shoji1927 | 2011-10-14 15:38
2011年 10月 06日

国民性

今、テレビを見ていたら日本の小学校で授業が終わってから生徒が教室を掃除している

光景をアラブ・英国等の人が見て驚いていることが放映されていました。

私たちは子供のころから学校で授業が終われば掃除当番が掃除をするのが当り前と思っていました。

豊かな国は掃除業者がやりますが、貧しい国nでは汚れたままを気にしてないということでした。

日本人の綺麗好きはある程度知られているようですが他国ではびっくりだそうです。

反対に日本人は挨拶が下手ですね。欧米では簡単な挨拶はフツーですし、しないと何か不満でも

あるかと気にするようです。私も娘の住むハワイで生活した時、朝の散歩の時など笑顔での「ハロー」

はいい気持ちでした。日本人はシャイなんです「恥ずかしがり屋」が多いですね。

私がプールで初めての人に「今日は」というと申し訳なさそうに「こんにちは」とこたえてくれます。

それがきっかけでいい友達になったこともあります。

お一人は元大学教授で、お一人は元外交官だった方ですっかり懇意になっています。

折角のチャンスを「もったいない」ですね。   でも国民性でしょうか?
[PR]

by shoji1927 | 2011-10-06 21:08