Shoji Times

shoji1927.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2011年 09月 29日

動揺する世界経済とその他

一昨日、同窓会に出席しましたが、会場の如水会館へ行くべく東西線の竹橋駅で降りました。

そこで同窓の元銀行マンにばったり会いお互いに少し腰が曲がっている同志の慰めあいと体調の話しを

しながら歩くうち、どちらも家族に姿勢が悪いと指摘される毎日だとこぼし話でした。

直ぐ前を歩く友人に声をかけましたが聞こえず会場に着いてからその話をしたら本人は

耳が遠くて後ろからの声は全く聞こえない始末だと詫びられました。

今回は同窓で元NHKの解説委員長をされていた広瀬君の世界経済の現状についてのスピーチを

出席者18名に丁寧に話してくれて昼食を共にしながらいくつもの質問のも答えてくれました。

一般の講演会へ行けば相当の講師料を必要とするところ友人ということでノーギャラでした。

要するに世界で安心の国はほぼゼロの状態であることは私の認識と同じで残念至極です。

終わって私は丁度三越劇場で小唄の各派名流師匠の会に誘われていましたので

場所も近いし聴かせていただきました。   第一級のプロの唄と三味線を堪能しました。

つい先ほど経済の見通しは暗いことを2時間聞いたあとですから趣味の世界との較差を味あい

これが世の中だとつくづく感じた一日でした。  「人生色々あり」ですね。
[PR]

by shoji1927 | 2011-09-29 11:22
2011年 09月 24日

ブログへの訪問者に感謝します

先日の台風は八王子も直撃されて風速40メートルを越す悪い記録となりましたが

皆さまいかがだったでしょうか? わが家はお陰さまで軽微な被害ですみました。

今年は、どうも悪いことが続いております。ニュースも悪いことに力をいれた報道のように思え

てなりません。今年も3ヶ月ありますから「なでしこ勝利」のようなグッドニュースが欲しいですね。

私のブログも2年近くになりますが、つたない内容の割には訪問回数(読んでくださる方)が

本日現在延べ9860回となり年内には1万回を越す見通しで我ながら驚いています。

そこで私が前号で愛知県日進市の花火大会において急に福島県産の花火の打ち上げを

取りやめたことに私なりの批判めいた意見を風評被害というタイトルで書いたところ、やはり

全国から日進市のやりかたに対し非難の声が上がっていることがテレビの報道番組でも取り上げ

られ市長さんが川俣町に謝罪に伺った事実を画面で見ました。最初は被災地に対し応援しようと

した企画を一部の市民の放射能を怖れる声の方に配慮して取りやめたことにはキャスターや

解説者も直接食べるものでもないのに市及び主催者のやり方を批判しており私も同感でした。

これからも私なりの考えを書いていこうと思っています。
[PR]

by shoji1927 | 2011-09-24 12:35
2011年 09月 21日

風評被害は怖い

日本のように厳しい情報も良い情報も国民に詳しく現状を知らせる国もあれば

政府にとって国民に知らせたくない情報はニュースに流させない国もあります。

例えば放射能の洩れていることを全部伏せてしまえば「知らぬが仏」で済んでしまいます。

年配者は昔の日本の軍支配の時代のウソ情報を信じさせられたことを思い出します。

怖いのは風評被害があります。過剰反応が起きて被災地での産品は危ないとテストして

安全とされても福島産というだけでビビッてしまうのはいかがなものでしょうか。

愛知県のある市での花火大会に福島産を直前にやめたのは色々と批判があがっていますね。

福島県人の気持ちを考えずに限られた反対意見に従い福島産だけをやめた花火大会は

後味の悪いものと感じました。私は専門家ではないので確実なことは言えませんがニュースを

見た人たちは被災地で苦しんでいる人たちの心を逆撫でして「やり過ぎではないか」という

意見が多いようです。

これからも多くの問題がおきるでしょうが冷静な判断と暖かい心で当りたいものですね。・
[PR]

by shoji1927 | 2011-09-21 17:32
2011年 09月 16日

敬老の日を前にして

今年は連休を景気対策としてか敬老の日は19日です。今月は下旬にかけて3連休が2度ですね。

私のような老人は特に日を定めて敬意を受けることには何となく不自然さを感じております。 

私個人の感覚では日頃から十分大事にしてもらっており、こちらから感謝の気持ちがいっぱいです。

父の日・母の日には子供たちや孫たちからもやさしくされており既に満足しております。

私たち世代は戦争も経験し、まして敗戦ということまで味あい、その後の発展もあって稀に見る波乱

の時代を過ごしてきたラッキーな世代だと思っています。

ただ1000年に1度という東日本の大災害に遭遇して方々にはこれからもご苦労が続くと思うと

被害を受けなかった者として心が痛みます。

話しは変わりますが、今朝のラジオで最近の言葉使いがテーマでした。今は何でも短くつめて云う

時代だとのことです。ほどほどに面白くて余り気になりませんが、「情けは人のためならず」という

昔からの格言が「他人に情けを情けかけておけば、いつかは自分にかえってくる」と解釈するのと

「情けをかけてあげると、その人のためにならない」と解釈する人がほぼ同数だと聞き驚きました。

「良妻賢母」を「料裁兼母」料理も裁縫も兼ねて出来る母というフレーズと書くとはユーモアですね。

面白い時代をさらにエンジョイ出来て有難いです。
[PR]

by shoji1927 | 2011-09-16 12:44
2011年 09月 10日

11日は特殊な日でしょうか

明日は9月11日です。偶然でしょうが10年前の9月11日にはアメリカのNYのど真ん中で

同時多発事件が発生し世界を驚かせテロの怖さを思い知り犠牲者は何の罪もない人々が

命を落としたり怪我や物的損害の大きさにアメリカ人だけでなく私たちも憤りを感じました。

月は変わりますが本年3月11日には東日本の大地震と大津波で一瞬のうちに大被害を

受けました。同じ11日であるだけに、明日は無事で何も起きないことを祈ります。

ニュースではアメリカでは不穏な情報が流れNY市内では大警戒体制がひかれているようです。

一方、昨日にニュースで茨城県の漁民が津波で流れ着いた漁具を大量積んで宮城海岸で

宮城漁民に届け双方が喜び合っている光景が放映されました。それを見てなんと心が温まった

ことでしょうか。ブイはじめ魚網等々を受ける側はもちろん届けた茨城側も満面の笑みの画面に

私は感動しました。 やはり日本人は素晴らしい! 嬉しいですね。

さて、これから10年後どうなっているでしょうか? 楽しみですね。(私はまだ生きているかしら)
[PR]

by shoji1927 | 2011-09-10 15:30
2011年 09月 06日

新内閣発足

テレビで国会中継を見ていると野田内閣が発足し「どじょう内閣」というニックネームになりました。

確かに代表選挙での最後の演説では野田氏は説得力と人柄で海江田氏を上回り、誰に投票するか

演説を聞いた上で決めるという議員の票はかなり野田氏に流れたと思います。

ところで、マスコミ界では余程以前から各議員の発言を映像を含め整理してあることに驚きます。

野党時代には与党攻撃のために与党議員を追い詰める発言をしたものをあらためて再現すると

少し言い過ぎではないかと私たちには聞こえることを云い、時には品位を欠くようなことを云って

いますね。立場が代わり「攻守ところを変え」録画を再生したものを見ると一般人の神経では

考えられないことを平気で言える図太さを持っていないと政治家にはなれないなと感じます。

兎に角、民主主義制度では最後は数で決めることになりますから品位は二の次なんでしょう。

前回負けた陣営では早く解散総選挙で返り咲きしたいので土俵の下で「まわし」をつけて選挙を

待っているのが、よく分かります。

しかし国民と世界はどうみているかをよく考えて行動して欲しいと思います。
[PR]

by shoji1927 | 2011-09-06 10:40