Shoji Times

shoji1927.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2011年 08月 31日

羽二重の肌ざわり

私がはじめて孫を持ったのは60才の時でした。女の子で可愛くて初孫だったので

風呂へ入れるのは皆が怖がっていたので私がやりました。

その頃の私は仕事も現役で大変忙しく、夜もお付き合いで外食が多いころでしたが、

孫に風呂を使わせる時間になると皆さんにウソをついて

「ちょっと用事が出来たのでお先に失礼します」と席を立ったことさえありました。

赤ちゃんの肌ざわりや匂いはなんともいえないものですね。

だんだん成長しますが手を触ると羽二重のような肌ざわりです。大学生になっても

私の勝手で「手を出しなさい」と云って羽二重の肌触りを味わいながら

「お前の手は柔らかいね」と云い家族からは笑われていました。

先日タイミングが良かったので久しぶりに羽二重の感触を味わい相変わらずだと

嬉しかったです。これがよその女性にだったら問題かもしれませんが肉親の特権でしょう。

因みに羽二重のことをインターネットで検索したら、

「羽二重とは日本を代表する絹織物で羽二重の良さは羽二重にはじまり羽二重に終わる」

とありました。

いつまで経ってもお爺さんの「わがまま」は終わりませんね。
 
[PR]

by shoji1927 | 2011-08-31 14:46
2011年 08月 24日

国民は安定を望んでいます

国内政局も不安定で毎日民主党の代表の選挙をめぐり同じような内容の報道番組が

どのチャンネンルも同様に流れておりいささか辟易しています。歴史をみても権力が

長期間、固定していると弊害が起こっていますね。

日本も戦後殆どの時代を自民党が抑えており国民は変化を求めて政権交代を選びましたが

野党慣れしていた新政権は国民の期待に応えられず相変わらず総理が毎年変わるという醜態です。

長年の官僚支配は簡単には改革出来ないようですね。

ほぼ想像通りともいえますね。でもリビアのように一人の権力者が数十年国政を握っていれば

国民の不満はつのり、とうとう反乱が起きて世界から反乱軍の応援まで出てくる始末です。

我が国は国民のレベルは高いのに、せめて任期いっぱいは一人の指導者(首相)で頑張って欲しい

ものです。折角政権交代したのですから現実的な施策であってもらいたいとおもいます。

なにしろ千年に一度という規模の大災害を受けたのですからね。

是非国民が安心してまかせっれる政治をしてもらいたいものです。
[PR]

by shoji1927 | 2011-08-24 14:26
2011年 08月 18日

北海道の原子力発電再開に注目

風評被害はいつの時代にもあります。最近の例では、福島原子力発電装置の破たんがあります。

特に日本は広島と長崎で原子爆弾を被弾し直接大被害を受けた国ですから放射能と聞くと

危険と感じるのは他国の比ではありません。

原子力の平和利用の時代になって、まず原子力発電が開発されて産業も国民生活も

そのプラス効果を受けていたのですからショックは大きいですね。

日本の優秀な技術で安全だと思い込んでいただけにうろたえるのは無理からぬことです。

しかし起きてしまった今、どう対処するかで流れは原子力発電廃止の方向へ向かっていますが

私はこの際、落ち着いて専門家の意見や提案をじっくりと検討してみるべきだと思います。

確かにプルトニュウムの処理は難題です。 歴史的にエネルギーの変革には混乱はつきものです。

基本的には自然エネルギーで解決するのがベストだと思いますが問題解決には時間が必要でしょう。

偶々昨日、北海道で原子力発電が再開されました。

女性知事(高橋はるみ氏)の決断は大きな自信があってのことだと思いますが

当面注目したいものです。

やがて寒い季節が目前に迫りこの決断が道民のためになることを祈っています。
[PR]

by shoji1927 | 2011-08-18 11:16
2011年 08月 13日

論客の意見に対し

このところの暑さに熱中症を避けて在宅してテレビを見る機会が増えました。

テレビもラジオもそれぞれいいところがありますね。先日、石原都知事と曽野綾子さんの

出演が続きました。二人とも戦中戦後に青春時代を過ごした人ですから私とも時代背景が

似ているので気持ちが共通するところがありました。私は終戦の時18才でしたので思い出は

食べ物はじめ何もない時代でいつも空腹を抱えていましたが、不思議にも不満よりも日々を

乗り越えることで今日より明日は良くなるという希望を持って明るい気持ちだったと記憶しています。

今まで軍に抑えつけられていたのがないだけでもましだったのでしょうか。それと自分だけでなく

回りも全部不足だらけの生活でしたからかもしれませんね。数年は学生生活でしたが私の場合は

親の仕事のあとを継ぐものだと思い込んでいましたので友人が大会社へ就職しても気になりません

でした。1年間経理事務所で会社経営の基礎の実地勉強をしましたが戦後の荒れた世相の中で

真面目にやった人とそうでない人との差をみられたのは大きな収穫でした。それもあってか曽野さんの

国民統一番号制には賛成です。また賞味期限を余り気にしないのも物不足時代に生きた者として

聞いた2人の論客も同じでした。まだ沢山ありますが1回2分を超えない長さにこだわってここまでと

します。   とりとめなくてご免なさい。
[PR]

by shoji1927 | 2011-08-13 16:01
2011年 08月 09日

株式の暴落

今回の株式暴落の震源地はアメリカです。しかし日本にも株安の要因はあります。

ブログに株の話しは不似合だと思いますが私も少しは関心がありますし、年金基金の

役員のはしくれで年金の運用には株式を含む資産運用は大きな関係がありますので

私には無関係とおっしゃる方にも実は関係は大ありなのですよ。

日本では①円高②電力不足(原子力発電事故による)③政治の無策④その他は多くて書けません。

何しろ、今年は大変な年ですね。でもまだ5ヶ月もありますからこれ以上いやな事が起こらないで

欲しいですね。今度のことで感じたことの一部を書いてみますと、アメリカでは民間の格付け会社が

政府や団体(会社を含む)の評価を段階をつけるという行為をしており、それが経済界に大影響を

与えているープンな国柄ですが、中国のように国にとってマイナスなことは抹殺してしまい国民には

一切知らせない国もあります。ただインターネットの普及により国民の知識層は知っています。

日本はアメリカと同じ程度にオープンですが

早く政治のあり方が頼りになるようになって欲しいですね。
[PR]

by shoji1927 | 2011-08-09 18:05
2011年 08月 06日

「お互いさま」とは美しい言葉ですね

先日の犬の病気のことで、人の優しさに感謝したことをブログに書きました。

一段落し今はケリーが元気になってくれることを家族一同は祈るような気持ちです。当日の病院の

様子を娘から詳しく聞いてまた日本は素晴らしいと思い追加したくなりました。

当日は獣医さんは大変混んでおり外来の方々がペットをつれて順番待ちをしているところを

緊急ということで順番を越えてしまうので娘や家内が「申し訳ありません」と待っていらっしゃる

方々に頭を下げたところ、皆さんから「お互い様ですよ、どうぞどうぞ」と暖かい声をかけられた

と聞き、なんと優しい人たちだろうと思いました。「お互いさま!」とはなんと美しい言葉と思いました。

たまたま、テレビで国民性のことがテーマの番組を見ましたら、列に並んで順番を待つという習慣の

ない中国や朝鮮の文化と比べ少し誇りを感じました。

わが家の犬のことで2回もつづいたブログでご免なさい。
[PR]

by shoji1927 | 2011-08-06 17:54
2011年 08月 03日

犬の病気と友達の優しさ

我が家の愛犬ラブラドール2頭のうち年上のケリーが先週どうも元気がないので心配しながら

様子を見ていましたが、やはり掛かりつけの獣医さんに診てもらったら腹部に血がたまっており脾臓に

問題がある事が分かり脾臓摘出手術を急ぐ必要があると決まりました。先生の指示で輸血の用意

することになりました。犬も血液型が合わなければいけないというので家族は慌てて、もしもう1頭の

ミリーの血液型がちがッたらどうしようと相談していたら日頃から親しい、Uさんが数頭飼っているので直ぐ

献血を申し入れてくれました。我々は有難いし、すぐ積極的に応じてくれる人柄にジーンときました。

幸い、我が家のミリーの血液型が合うことが分かり早速緊急手術ということになりミリーも血をかなりの

量をとるので普通は麻酔して血を取るのにおとなしくしていたのです。

実際の手術の立ち会いや獣医さんとの打ち合わせは息子夫婦がやり私と家内は自宅でハラハラして

いただけです。お陰さまで手術は成功し今は回復を待っている状態で私と家内は一緒にそばにいてあげる

のがせいぜいです。しかし犬の病気を通じて友達が気持ちを同じにして協力してくれたことを有難い

なあとつくづく感じました。  人の優しさは嬉しいものですね。

さらに心に沁みたのはケリーが入院したのを知らずミリーが玄関で長時間待っている姿を見て犬同士の

つながりが「忠犬ハチ公」みたいだったことでした。




[PR]

by shoji1927 | 2011-08-03 14:34