Shoji Times

shoji1927.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2011年 07月 29日

中國の列車事故に思う

中國の新幹線の事故は驚きましたね。

驚いた内容はあれだけの大事故でも国民からの非難の声は我々には聞こえないことです。

言論統制の強い一党支配の国では国の恥になるようなことは抑え込むのが出来るのでしょう。

しかし、インターネットの発展で抑え込むことも出来ず、今日は首相がコメントしました。

情報は極めて一部でしょうね。技術的なことや鉄道省内部の汚職も大きいと言われていますが

一番大切な安全より国威を優先するということが世界に見られ結果的に中國は大きな損をしたと

私は思います。日本も戦時中は軍が殆どの情報を支配し大本営発表(若い人はこの言葉も知らない)

で国民は批判も出来ずにいたことを思いだします。

中國はあれだけの広い国土を持ち13億人の人口があり素晴らしい経済発展を続けているのですから

そんなに急がなくても世界の雄になれると思います。どうかアジアの一員として落ち着きを示して欲しい

ものです。日本も国難と云うべき大災害に遭いながら国会討論を聞くと「重箱の隅を楊枝でつっつく」ような

議員のやりとりを聞いて失望しているのは私だけではないと思います。議員さん大局を見てください。
[PR]

by shoji1927 | 2011-07-29 11:11
2011年 07月 25日

Facebookをはじめました

昨日の日曜日に末娘が来て、また私にFacebookの開設をそそのかしました。

かねてハワイに住む長女からもFacebookの面白さと広がりについては聞いておりましたが、

まさか私の年ではやれるとは思っていませんでした。

しかし流れというものは抗しがたいもので遂にスタートしました。

驚いたことには直ぐ友達になりましょうという人が現れました。かねてからハイテク技術を持つ人で

ほぼ息子位の年齢の方でした。いつもスマートフォンを駆使しているお二人です。

近日、お逢いする予定なので手ほどきを受けるチャンスはあるなぁと今から頼りにしています。

昔から「忙中閑あり」という言葉がありますが私の場合は「閑中忙を求める」といったところでしょう。

そのうちFacebookに、はまったと報告出来る日の来ることを夢見ております。
[PR]

by shoji1927 | 2011-07-25 10:41
2011年 07月 21日

読めても書けない漢字

市営の図書館からメールが来て「ご予約の本が用意出来ました」とのこと。私は大分前のことなので

なにを頼んだのかさえ忘れていましたが受け取りに行って黒井千次著の「高く手を振る日」なる本を

借りました。多分早朝ラジオで推薦されたものを電話で申し込んだら順番待ちですと言われたことを

思い出しました。ぼつぼつ読んでみると現役を退いた人の70才を超えての生活感のストーリーで

大学時代の同じゼミの仲間(男女)が年を経て二人共つれあいを亡くした身で男は娘が結婚し

近いところに住み独身の父親の一人暮らしを時々面倒見にくるよくある形です。

女性は息子夫婦と同居しているという環境ですが婿さんが会社の人事でロンドン勤務となり女親は

一人暮らしになりますが女性は生活のことでは困らないのですが健康を害し最終的に老人ホームに

入ることになります。

老人同士のほのぼのとした心の問題がテーマの上質な内容なものでした。 

私はこの本を読んで文章がいいことと非常に漢字を沢山使っており読んで成程と感じるのと、

その漢字は実情を表現するに最適なもので素晴らしいと思いましたが、さて私は読むには

問題ないが書くことは出来ません。我ながら今は字を書かずパソコン頼りです。

パソコンを覚えておいて良かったと思っています。

因みに書けない漢字のいくつかを拾い出しました。
躊躇う・曖昧・踵(かかと)・茫漠たる・狼狽える・長閑・擡げる(もたげる)・睥睨・狼狽・
認める(したためる)・蘇る・眩しい・揶揄・辿り着く・苛立ち・憚る・呟く・・・・等々です。

皆さんは書けるでしょうが、いかがでしょうか。  日本語は奥が深いですね。

私と同世代の知人はアナログタイプで分からないことは広辞苑に頼っておりケイタイは勿論持たず
SUICAさえ最近私が勧めて使いはじめ、これは便利だと言っていました。老人は色々ですよ。
[PR]

by shoji1927 | 2011-07-21 10:15
2011年 07月 19日

なでしこジャパン

18日の早朝、私は詳しいルールも知らないのにサッカー女子ワールドカップの決勝戦の

実況放送を見ました。申し訳ありませんがベッドに横になりながらの観戦でした。

まさかと思った日本が世界ランク1位のアメリカを降しての勝利を目のあたりにして選手の活躍に

感動を覚えました。そのニュースはどなたも知っていることですが、

試合後の選手のコメントを聞くと女性のレベルの高さを実感したのは私だけではないでしょう。

マイクを向けられ咄嗟に感想や意見を述べるのはシャイな日本人には不得手と思っていましたら、

しっかりと無駄のないコメントと試合中の顔とは全く違う素敵な表情を見て精神的な充実さに感心しました

「なでしこジャパン」の意味を随分聞かれるようですが私は「日本女性の清らかな美しさを称した言葉」

と理解しています。今日、凱旋し国を挙げての歓迎に選手の皆さんは驚いたでしょう。

中心選手の沢さんは若手の選手に「困った時は私の背中を見なさい」と云っていたと聞き、

混乱している政治の世界の方々はどう思ったでしょうか。 
[PR]

by shoji1927 | 2011-07-19 14:11
2011年 07月 16日

お盆の行事

東京のお盆は7月ですが、一般的には8月の旧盆が正式と思われています。

私の家ではお盆の入りには迎え火を私の5人兄弟が夫妻で来てくれて一応の儀式らしいことが

終わってから一緒に会食したものです。しかし年々年を取り、まず姉が亡くなり次は順序からいけば

私の番ですが世の中は順序通りにはいかないものです。今年は一昨年次弟が亡くなり

夫人は一人暮らしです。先日見えて全く一人暮らしなので話しをしないので本人も話し慣れなくて

困りますと言っておりました。末弟も79才で夫人が具合悪く家を留守に出来ず妹も病気勝ちです。

高齢社会が我が家にも例外なくきております。今年は私と娘でお墓参りに行き、私と家内の二人で、

ささやかな迎え火を焚きました。恒例の鰻は我が家6人で食べるというスタイルになりました。

私は出来るだけ健康維持のためスポーツセンターへ通い専らプールでの水中歩行やジャグジーで

運動していますが、そこでも主として未亡人が一人暮らしの気ままですと言いながらここで友達に

なった人達とおしゃべりに夢中になっている姿を見受けます。勿論私も話の仲間になることがあり

一人暮らしの孤独さは感じさせない女性の強さに流石と思っています。

昔から「女やもめに花が咲き男やもめにうじがわく」と云われるように女性のパワーは大したもの

と感じておりますし、私も友人たちと女房より先に死ぬのをテーマとし尊厳死協会の会員にもなって

おります。なんだか寂しい話しで申し訳ありませんね。
[PR]

by shoji1927 | 2011-07-16 17:52
2011年 07月 15日

天下り

天下りが問題になって久しいですが、一向になくなりません。民主党が選挙で掲げた

「官から民へ」が最近薄らいできています。私が思うに官僚の頭のよさと組織の固さは

政治家より上なんでしょうね。

先日、ある趣味の会で元大蔵省の官僚(東大卒のキャリア組)にお逢いしました。

趣味を通じて懇意なので何でも言える間柄ですから、今はどんなお仕事ですか?と聞きましたら

独立法人の役員をされておられます。同氏曰く「いよいよ今の仕事も終わりなんですよ。ご時世で

次の仕事が思うようになくて困っていますよ」と本当かどうか分かりませんが、とうとうキャリア官僚出でも

簡単に渡りが出来ない時代になったようだなと感じました。

私には縁のない天下り問題でもそれなりの興味と関心はありますからね。

最近の話題では経産省の官僚の古賀茂明氏が省内の内部告発らしいことから大臣・事務次官から

退職を勧告され、本人はテレビの報道番組などに積極的に出演して今やタレント並みの扱いを

受けています。原子力発電の事故問題から電力会社の発送電分離がテーマ化されていますが

賛成・反対の実態はよく分かりません。世界的には分離されている国も多いようですが日本では

1地域に1電力会社というシステムで競争がないことが問題になっています。

話しが、元キャリア官僚にお逢いしたことからテーマが広がってしまいましたが、民間の人間には

不可解なことだと思っています。

暑い毎日ですから密室内での協議はやめてオープンにして欲しいと思っています。
[PR]

by shoji1927 | 2011-07-15 10:40
2011年 07月 11日

浅草の縁日

毎年7月9日と10日は浅草の浅草寺の境内で、ほうづき市が行われます。

私は行かず終いになりましたが、昨日、娘と友達が浅草寺へのお詣りに行き合わせて見物してきました。

本来は家内が大好きなんですが生憎この2週間は思わぬ圧迫骨折で腰が痛く休養している状態です。

働き過ぎ(遊び過ぎかも?)と体重負担が原因だと思いますが整形外科の先生の指示通り痛い時は

寝ており今は台所仕事はしてくれますので何にも出来ない私は助かっています。

さて、四万六千日というのはご承知でしょうが、この日にお参りすると46000日分(126年分)

のご利益があると約300年前から云われております。下町情緒が今に残る粋な縁日ですね。

ほうずきと一緒に風鈴も売っていますが風鈴の一種に「つりしのぶ」がありお土産に買ってきてもらいました。

庭につるし涼しげな音は何ともいえません。つりしのぶは作りたいひとも多く作り方講習会まであうようです。

この江戸情緒を小唄に取り込んでいるのがいくつもありますが目下お稽古中の一つをご披露しましょう。

「この、つりしのぶ買おうかと伸ばしたその手のしなやかさ 襟元涼しい夜会巻(髪型)さんごの簪
 横ちょうにさして浴衣に小唄のちらし文字 涼しい風がたもとを抜ける 素足なまめく夏の縁日
 ええーま 乙だね」

と呑気なものと思うでしょうが結構難しいんですよ
[PR]

by shoji1927 | 2011-07-11 17:11
2011年 07月 08日

節電の限界

節電!節電!と一般人は真面目に取り組んでいますね。日本人は生来真面目な国民性ですからね。

しかし、この暑さの中で我慢して熱中症とかで体をこわしては元も子もありません。

一方政府当局の動きを見ていると大臣と総理がバラバラの発言やら責任の取り方で

毎日うんざりするようなニュースを聞かされ、「いい加減にしてくれよ!」と云いたくなりますね。

テレビで識者といわれる方々がコメントされているのを聞いて、同感というのもあります。

一例に「原子力発電は最終的にやめるべきだが、それに替わるものが出現するには数十年

かかる、それまでは原子力発電の安全性の確保を図るのがいい。しかも現実的でしょう」とのこと。

今回の大地震と大津波に出合って技術的に対応することは可能だと私は思います。いっぺんに

余り急いで全部を自然エネルギーに切り替えることはコスト(電気料金)の高騰になると思います。

これが災いを福に転ずる安全な方法ではないでしょうか。さて、この夏の暑さどうなるでしょうね。

皆さん上手に凌ぎましょう。あと2か月ばかりの辛抱ですよ。
[PR]

by shoji1927 | 2011-07-08 18:12
2011年 07月 03日

マンドリン演奏会

昨日、新設された八王子オリンパスホール(八王子市民会館)での明大マンドリン

クラブ演奏会を鑑賞しました。この演奏会は毎年恒例のイベントです。

私は知人の明大卒の方からチケットを購入していますが今年は新装の会館だったのか

ほぼ満員でした。学生による演奏に特別出演のトアエモアのお二人の歌があり盛り上がりました。

トアエモアの歌の間にトークがあり演奏している学生に「みなさんの中には昭和生まれの

方がおりますか?」との呼びかけがあり私は最初何を聞くのかなと思いましたら今や

平成23年ですから昭和生まれの人は2浪以上の人になる訳です。全員平成生まれの学生

でした。時代感覚が違うので我ながら自分の生まれたのが大正から昭和に替わった年だった

ことを思い知りました。私が、お誘いした4人さんは全員女性でしたが喜んで頂きました。

懐かしい古賀メロディーからマンボやサンバの音楽をたっぷり3時間聞きいい気持ちになり

非日常的な雰囲気に包まれた一日でした。
[PR]

by shoji1927 | 2011-07-03 14:37