Shoji Times

shoji1927.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2011年 05月 30日

起承転結から落語まで

起承転結は文章をつくる基礎とされていますが、その基になる句があり皆さんもご承知のことと思います。

「本町二丁目の糸やの娘、姉は二十一妹は二十、諸国諸大名は弓矢で殺す、糸やの娘は目で殺す」というのが

ありますが私が読む「芝居小唄」の本によれば姉妹は評判の美人で名前から性格まで書かれております。

先ず、始まりは状況説明です。場所と登場人物の説明で流れを知ってもらい、一転して関係のない大名の

争いに話しを変えて最後は弓矢で殺さず色気で男をメロメロにするかで話しをまとめるわけです。

学校で先生が生徒に講義をするのと違いちょっとしたスピーチでも洒落たものになりますね。

落語の新作ものの本を書く人に話しを聞く機会があって同じ落語でも古典ものは形が決まっていますが

新作はほぼ3角形で作るようです。①枕で聴衆の気持ちを自分に向けて②本題を語り③落ちに結びつける。

という3段階のスタイルとのことです。

因みに私の好きな古典落語「井戸の茶碗」をご紹介します

【粗筋】屑屋の清兵衛は「正直清兵衛」と呼ばれるほど真面目な男、これが生活に困った千代田卜斎という
浪人から仏像を200文で買い取った。清兵衛はこうした品は買わない主義なのだが卜斎と娘の貧しい様子に
同情したのである。 細川家の家来・高木左太夫という若侍がこの仏像を300文で買い取って磨くうち、
中から50両の隠し金を見付けた。左太夫は仏像は買ったが金を買った覚え はないと、清兵衛を通して返却を
申し出る。卜斎の方では、いったん手放した物から出た物は自分の物ではない、と双方で受取を拒否する。
困った清兵衛の依頼で家主が間に入り、双方に20両ずつ、正直な清兵衛に10両与えることで決着させようと
提案。左太夫はこれを受け入れたが、卜斎は黙って金を受け取る分けにはいかないと言う。そこで手元の茶碗を
左太夫に渡し、その代金という名目で20両を受け取り、ようやく丸く収まった。細川の殿様がこれをお聞きになり、話に感心してその茶碗を見たいとの仰せ。左太夫が持参すると、これが井戸の茶碗という銘器だったので300両でお買い上げになった。これまた清兵衛を通して半分の150両を卜斎に渡したいと、また清兵衛を使いに頼む。話を聞いた卜斎は、左太夫の心意気に感じ入り、娘をさしあげてその結納として150両を受け取ろうと申し出た。
清兵衛は左太夫の元へ戻って、「高木様、おもらいなさいよ。みがくとたいした美人になりますよ」
「いや、みがくのはよそう。また小判が出るといけない」
いい落ちですね。今日は少し長くなりました。お許しください。
[PR]

by shoji1927 | 2011-05-30 21:50
2011年 05月 28日

寿司屋のカウンターにて

昨夜、恒例の八王子消化器病院のロビーコンサートへ私と家内は伺いました。ヴァイオリン・チェロ・ピアノ

のアンサンブルで非常にいい演奏でした。患者向けですから1時間で最前列は入院患者さんです。

終わって帰りに行きつけの寿司やさんで夕食しました。そこでお客と亭主の話しが面白く我々も仲間に

なって一杯やりながら聞きましたが話題は新築の市民会館でNHKの素人のど自慢が行われた時の

ことがテーマでこれに応募した人が25000人で書類選考で2500人に絞り更に250人が選ばれ予選で

一人40秒づつ歌い最終20組になって当日にはゲストに地元の北島三郎さんが出て盛り上がり私たちは

テレビでどんな人が出るのかと日頃は見たこともなにのに興味深く拝見しました。応募者の人数から最終

20組に絞られる経過も流石に寿司やのカウンターでは詳しい人がいるものだなと感心してしまいました。

NHKは長寿番組なので色々なエピソートがあるようです。どの地区でも放送が終わってから出演者は

まるで旧知のような間柄となり打ち上げ会には出演者の寿司やさんで1次会をやりスナック経営者の店で

2次会があり今後このメンバーで定期的に集まることになったそうです。

私たちが話し合った人たちも初対面なのに随分詳しいことを知っているものだと、これはカウンターの良さ

だと思いました。

毎日、暗いニュースばかり聞かされているのに昨夜は楽しい時間を過ごしました。
[PR]

by shoji1927 | 2011-05-28 11:09
2011年 05月 26日

原子力発電の余波

毎日、福島原子力発電の事故の経過がテレビで放映されあの地に住む方々のご苦労は

計り知れません。東京電力の技術のレベルが世界的にどう見られるか目下IAEAの調査団が

専門家を派遣して調査がはじまりました。勿論、日本政府も東京電力も全面的に協力している

ところでしょう。

先日、スポーツセンターのプールサイドのジャグジーで知り合いの奥さんから、うちの主人は東電の

株を買って配当もいいし第一安全だから財産として持っていたら今は30%になちゃったんですよ。と

こぼしていました。私は返事のしようもないので色々なことがありますねと答えるしかありませんでした。

そういった例は随分あると思います。確かに公的事業会社ですから派手な動きはなくても素人には安心

と思われるでしょうね。私は「ここにも被害者がいた」と感じました。果たしてどう処理したかは聞けませんが

JALの例もあるので見切り売りが出来るかどうか気の毒に思いました。報道は我々から見ると一歩前進

二歩後退といったように見えます。関連会社は、かなりの株数を所有しているでしょうからこれも大変ですね。

基本エネルギーの変化には過去も大きな経済変動がありました。今後も見守るしかありません。
[PR]

by shoji1927 | 2011-05-26 11:00
2011年 05月 21日

ベトナム人から見た日本

私が籍をおいているロータリークラブでは留学生に奨学金を差し上げています。

主としてアジアの人で既に母国の大学を出ていて更に日本で勉強し修士又は博士課程を目指して学んでいる

真面目な人物が多いです。数日前ベトナムのハノイで日本語を教えている女性でますが、

日本に来たのは初めてのスピーチを聞きました。日本語は堪能で今は中央大学の修士課程で

勉強しているそうです。

スピーチの内容はまず母国の概要の説明がありベトナムは面積も人口も日本の80%で国土の半分は

海に面し半分は内陸部でこちらは4季があります。臨海部は熱帯地区だとのことです。

日本へ来て驚かされたことは、列車の種類が多いことと運行時間の正確さ、停車位置の正確さに

びっくりしたようです。彼女が知るかぎりこんな正確な国は他にはないでしょうと述べていました。

僅かな遅れでも車内放送で乗客にお詫びのアナウンス聞いて驚くばかりだったとも述べていました

私たちは時刻表通り電車はくるのが普通と思いコンピューターの「駅探ソフト」で調べて計画をたてて

いますが外国人には信じられないようです。

日本がアジア諸国と比べて劣るのは人口構成です。新興国は若い世代が圧倒的に多いので今後の

発展が大いに期待されます。

日本でも若い人たちが増えることを願わずにはいられません
[PR]

by shoji1927 | 2011-05-21 14:57
2011年 05月 19日

パソコンの勉強

昨日は一日かけてパソコンの自分の使い勝手の環境改善に励みました。勿論私だけの能力では

出来ないので日頃から頼りにしているパソコンの師匠に来てもらってのことです。師匠は本業があるので

休日の水曜日に無理にお願いして指導をお願いしています。パソコンのレベルはどんどん向上して

いますが肝心の私は旧態のままですから時間がかかり師匠が傍にいる時はうまくいきますが、一人になると

行き詰まるという悪循環を繰り返している始末です。気がついたらパソコンが3台にもなってしまい最新の

ウインドウ7はなかなか私の思うようにはいかないのです。使い慣れたXPの方が楽なので、とうとう中古の

XPをビックカメラで師匠と一緒に買い求めデータの移行やスピードアップにと取り組みました。

どうやら夕刻には形がつきました。(でも明日ひとりになるとどうなるか分かりません)

このブログもうまくいくことを祈っています。

時代に追いついていこうとする爺の苦闘をご想像ください。

でも、いくつになっても何かに挑戦するのはボケ防止と勝手に思っている私です。どうぞお笑いください。

終わってから打ち上げに師匠お勧めのイタリアンレストランで美味しい料理とワインを楽しみんました。

酒間に話す世間話しも面白く時の経つのを忘れる始末でした。恥ずかしながらの報告です。
[PR]

by shoji1927 | 2011-05-19 11:23
2011年 05月 16日

人生は不公平なもの

私はラジオを聞くのが好きだと以前にもこのブログに書きましたが今朝もNHKの

ラジオ深夜便の最後のプログラムの「明日への言葉」で三浦朱門氏とアナウンサーとの

トークがあり興味深く聞きました。4:05から約50分ですので目が覚めていたら明日も続きを

是非聞きたいと思っていますが果たしてどうかは分かりません。今日のお話しの中では人生は

不公平に出来ていることが主題でした。同氏は学者であり文化庁長官もつとめた方でご夫人が

曽野綾子さんであり有名なクリスチャンであることは皆さんも良くご承知でしょう。

その三浦氏が「人生は不公平なものだ」と対談の中で言われたので私もかねてから同じ意見

だったので余計興味深く聞きました。3月11日にどこにいたかを例にあげて被害地とは離れた

東京にいても随分差がありました。関西に住むご子息たちは地震の「じの字」も知らずにニュース

で知ったそうです。ですから毎日起きる事件やら何やらも運によるもので、

どうにもならないものですね。

昔から「いつまでも、あると思うな親と金、無いと思うな運と災難」という言葉があるのは皆さんも

ご承知のとおりです。ですから私は出来るだけいいように解釈してお金持ちや有名人を見ても

不公平は、当たり前だと割り切るようにしています。

あとは得意のケセラセラで生きて生きたいと思っています。
[PR]

by shoji1927 | 2011-05-16 15:49
2011年 05月 11日

母の日

長女がハワイから帰ってきて1ヶ月ほど滞在するので3姉妹と揃って逗子へ行きました。

隣り町の葉山にあるイタリアンレストランが美味しいとかねてから聞いていたので8日が

母の日だからと娘たちが企画してくれてオリジナル家族5人で賑やかに会食しました。

久しぶりに海の近くへ行くと海特有の匂いがして、いい気持ちでした。大地震と大津波の

ニュースを毎日見聞きしていますので春の海の景色がのどかで、しかも当日は好天でした。

人出も多く海ではウインドサーフィンで楽しんでいる姿を見て活気を感じ華やいだ気分になりました。

何だか被害に遭遇した方々のことを思うと申し訳ない気がしました。でもみんながいつまでも

沈んでいては景気は悪くなるばかりですから若い人が色とりどりの衣装で動いているのはいい傾向

かと思います。今回の写真は花を前にしたレストランでのものです。(2人で165才)

a0160775_1643335.jpg

[PR]

by shoji1927 | 2011-05-11 15:19
2011年 05月 06日

人生の終いじたく

「爺さん酒飲んで酔っ払って死んじゃった」というフレーズで、はじまる中村メイコ著の本を読んで、

そういえば僕らも子供の時に面白い節をつけて唄ったなぁと思い出しました。

メイコさんも、それなりの年になって『人生の終いじたく』という本を発行したのでしょう。

実は家内が読んでいるのをちょっと借りて読んでみると全くだと思うことが多くひきこまれました。

厚労省が後期高齢者という大変分かり易いネーミングの制度をつくり75才以上の人を特別扱い

にしてくれました。恐らくこれにより自分は年寄りだと自覚した方が多いでしょう。女性はまだまだ

余命が沢山ありますが自分が平均寿命を超えると軽い文章も重く受け止めるようになります。

彼女の軽妙なタッチでのご家庭の状況を主題にしたものですが、字も大きくて寝ながら読むには

丁度よくできています。実に明るい考え方だと同感するところが多いです。

友人知人でぽっくり亡くなったなどと聞くと「あいつうまくやったなぁ」と悲しみより羨ましくなります。

GNP(元気で長生きぴんぴんころり)というのが理想的だというのが合言葉になっていますが果たして

そんなに旨くいけばいくでしょうか?  同年齢の人でも大分差がありまして私がインターネットを使って

いると聞き「本当か?無理するなよ」なんて云われることが多いですね。

そうそう冒頭の「爺さん・・・」のほかに「婆さんそれ見て驚いて死んじゃった」というのもありました。

なにか今日は、ぼやきみたいな感じで申し訳ありません。
[PR]

by shoji1927 | 2011-05-06 12:31
2011年 05月 04日

オサマ・ビンラディンのこと

 毎日色々な出来事が起きますが一昨日は10年以前にアメリカのNYの真っただ中で

起きた同時テロ事件はテレビで見ていた私たちも唖然とするような光景でした。

私も数回あの場所を歩いたことがあるだけに飛行機でビルに突っ込むとはなんと

いうことかと驚きましたが爾来アメリカの権威にかけて事件の首謀者とされる

オサマ・ビンラディンを取り押さえようと懸命でしたが、とうとう殺されたと

アメリカ時間の深夜にオバマ大統領が全国に向けて発表しているのを見て、

私まで安心しました。オサマ・ビンラディンのことを少し調べてみたら驚くこと

ばかりでした。まず父親のムハンマドはかなりの経済力を持つ人物ですが22回も

結婚し55人の子供を持ちビンラディンは17番目の子供として育ち(彼自身も

4回結婚し20人の子供がいる)現在54才で学歴もある人物です。

イスラム過激派のテロのリーダーとして、あの大事件を起こしたとされています。

アメリカでは前大統領のブッシュの時から探し続けていたのでオバマ大統領が発表

した時の国民の興奮はニュース画面で見てもアメリカ社会の感じ方がよく分かりました。


一方、我が国の大地震の騒ぎにも騒乱も起きず忍耐強いと世界から賞賛され世界中から

の援助も正しく配分される姿を見て必ず立ち直ると信じられています。
[PR]

by shoji1927 | 2011-05-04 13:29
2011年 05月 02日

当面の対策は節電で・・・

原子力に頼らない発電がどこまで期待出来るか大きな問題ですね。

世界的に経済の転換期は基本エネルギーの変換期に起きています。石炭時代だった頃は

日本でも黒いダイヤの石炭会社が最も景気が良くて私が社会人になったころは

就職先の最も人気があり社員に対する待遇もトップでした。

炭坑節が流行り「月が出た出た・・・」と盆踊りで賑やかでした。新卒学生も

成績の良いものが第一希望とした憧れの業界でした。

当時、トヨタ自動車へ就職が決まった友人は嬉しくない様子でした。

先のことは分からないものです。また今後どんな変革があるか分かりません。

次は石油時代となり今まで好景気を謳歌していた炭坑会社は閉坑が相次ぎました。

エネルギーが石油となれば中東諸国は埋蔵量が圧倒的ですから所謂オイルマネーが

入り、金に埋もれるほどの大金持ちになり今もその勢いは大変なものですが国民全体が

潤っているかどうかの見方は様々です。埋蔵量8位のリビアが示す通りです。

その石油だって長い目でみればいずれは枯渇しないとも限りません。そこで注目されて

いるのが原子力発電ですが、現在の原子力発電装置はアメリカ104基フランス59基

日本54基となっており日本は世界第3位です。今後も中国はじめ開発にかかっており

どうなるかは全く私たちには分かりません。実力国のドイツが原子力発電には否定的で

あることは大いに関心のあるところです。

地震国である我が国は発電手段(エネルギーの基本)をどうするかで大議論中です。

隣の神奈川県では太陽光発電を掲げて新知事が当選されましたので注目したいですね。

先日のブログ書いた通りコストや耐用年数から見ても解決しなければならない要素は

山積です。窮すれば通ずという言葉通り私たちにすぐ出来ることは節電だと我が家でも

意識が変わりました。大震災に襲われ原子力発電の事故の被害の渦中にある方々の

ことを思えば当然のことでしょう。
[PR]

by shoji1927 | 2011-05-02 14:44