Shoji Times

shoji1927.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2010年 08月 29日

人の死とその後の処理

先日の夜、TBSラジオで「人の死とその後の処理」をテーマにしたトーク番組を聴きました。

番組出演者が比較的に非高齢者だった関係もあるでしょうが私たちの常識と

現在の考え方には大きな違いがあるなぁと驚くやら、がっかりするやらでした。

葬儀は必要ないという意見も多く、お寺にも関係したくないという意見も多かったです。

私も自分の葬儀は、本当の身内だけで済ませ皆さまにご迷惑かけたくないのは同意見です。
 
しかし先祖代々の墓を守るのは次の世代の当然のつとめだと思います。

私は親の命日には家内や娘と必ずお墓参りに行きます。墓前に花と線香を上げ手を合わすと

理屈なしにいい気持ちがします。帰りの車の中で聞くと同感でした。お墓参りはいいものですね。

外国人の多くの人は信仰を持たないことは信じられないようですが、

日本の多くの人は信仰に余り関心を持っておりません。それで済んでいるのですね。
[PR]

by shoji1927 | 2010-08-29 12:04
2010年 08月 28日

富士吉田の火祭り

8月26日、私ども夫婦と家内の弟夫婦で富士吉田の火祭りの見物に行きました。

日本三大奇祭と呼ばれておりますが八王子から僅か約1時間で着きました。

富士山の山仕舞いを告げるお祭りです。

今年は暑い夏ですが流石に山麓だけに涼しかったです。

河口湖へ行った時の馴染みのレストランはこの祭りの時は休みなので、お店の好意で

車をその駐車場へ置いてタクシーを呼び祭り現場の近くまで行きました。

祭りは富士山の正面に並ぶ商店街の道路に3米の高さの大松明に次々に火が灯され

赤々と燃え上がり壮観でした。見物客も多く特に外国人が目立ちました。

その大松明は地元の会社や団体が奉納という形のスポンサーで寄進されているようです。

約1時間余り見物し散歩しつつ祭りの余韻を味合いつつ、FITへ帰り1泊しました。

昨日、帰宅しましたが気温の違いに今年の夏の暑さには些かり参っております。
[PR]

by shoji1927 | 2010-08-28 15:18
2010年 08月 24日

政府は経済対策に力を入れよ

世界の多くの国々の通貨の評価がでるのが為替相場ですが、
日本の円が何故高いか不思議でなりません。

国の財政は赤字であっても国債の買い手が自国民であることが比較論的に安全通貨と
見られているのでしょう。日本人は貯蓄が好きで予預金したものが国債に回っていますからね。

日本は基本的に輸出立国の国ですから、
円高による輸出企業の採算は厳しくなるのが株安の原因でしょうが、

政府民主党は目先の代表選挙に夢中で、経済政策は置き去りにされているようにみえます。

経済の状況を見るモノサシは色々ありますが株価が悲鳴をあげていることを、もっと
当局は重く受け止めて対策を国民に分かるようにして欲しいものですね。

日経平均も今日は一時9000円を切りました。これから先どうなるのでしょう。

円ドル相場は一時的に79.75円になったのは1995年4月15日でしたが
1996年の企業の決算は好決算になったという歴史もあります。恐らく企業の努力に
よるものだったでしょうが、
目下立ち直りつつ経済がいい結果を出せるでしょうか心配です。

どうか政府当局は景気対策・経済対策に軸足を置いて欲しいと願っています。
[PR]

by shoji1927 | 2010-08-24 10:37
2010年 08月 20日

モラルを大切にしたい

100歳以上の高齢者が住民票には記載されているのに実在していないという

事実が報道され、一体何なんだろうと思っていましたが各自治体で事実関係を

調べてみると次々に、その人数が増えているようです。情けない話しですね。

しかも、いまだに年金は振り込まれているということです。

当局は早速実態調査に動き出していますが、役所特有の縦割り行政ですから

5部門がかかわっており実体解明にも時間がかかるでしょう。

若し、実在しない人に振り込まれた年金を誰かが使っていたならばどうなるでしょうか?

日本人のモラルの問題として世界の物笑いになってしまいます。恥ずかしいですね。

国民年金の保険料を払ってない人が約40%あると聞いていますが、その人達は

当然、受給資格はないものと思いますが、モラルの低さから請求するかも知れませんね。

以前の事務当局の管理のずさんさから役所も弱腰ですからなにが起きるかわかりません。

今日のニュースでは、ある自治体では年齢を75才以上に下げて
実体調査をはじめたとのことです。

わが国が長寿国として世界に知られていることも怪しくならないともかぎりませんね。

人間は義務を果たしてから権利を主張すべきという原点に戻る必要を感じます。
[PR]

by shoji1927 | 2010-08-20 10:23
2010年 08月 16日

テレビのコマーシャルについて

私はテレビやラジオをよく見たり聴いたりする方です。
特にニュースや経済番組とスポーツ番組を多く見ますが、
不景気のせいかスポンサーの予算の関係もあってかコマーシャルが少し多すぎると思います。
野球放送でチェンジの時のコマーシャルがこま切れにスポンサーが多すぎて
次のイニングに入っているのにまだコマーシャルが続いていては
興醒めしてチェンネルを切り替えてしまいす。

日曜日の政治経済の討論番組も出来るだけ録画して後から正味内容だけ
見る人も少なくないようです。
要するに程度問題でしょう。スポンサーには申し訳ないですが、そうなってしまいます。

特に最近のビデオデッキはテープでなくディスクに録画するようになっていますから
手間がかからず時間も自分の自由な時間にみられることもコマーシャルカットに
拍車がかかると思います

この頃、池上彰氏の「そうだったのか」が人気があるし参考になるので録画して
複数回見直すこともあります。
知っている積もりのものが整理されて分かり易く解説されると、
正に「そうだったのか」とうなずくようです。
特に昨日16日の3時間番組は翌日みていい勉強になりました。

ある経済誌に「戦争は最大の公共投資だ」と書かれていたのを思い出しましたが、
とんでもないことだと思います。

あらためて戦争してはいけないと繰り返し確信しております。
[PR]

by shoji1927 | 2010-08-16 17:53
2010年 08月 15日

終戦記念日に思う

今日は終戦記念日です。
もう65年も経ちましたが、その間にこんなに大きな変化が起きようとは
誰もが予想も出来ませんでした。

戦争最後の段階では国民は、軍備の為と日用品まで供出させられたのです。
供出という言葉は今では理解出来ないでしょうが、軍が国家権力を握ると常識では
考えられないことが起きるのです。お寺の鐘まで銃弾を造る為だと供出させられたのですからね。

でも、前々号で書いた通り一般民衆は、空襲がなくなり、ほっとした方が救われた気持ちでした。
思えば、人間は変れるものですね。嘆いているよりもその日の生活が待ってくれませんからね

嫌なことも悪いこともありましたが、生命力は凄いものですし、助け合いも尊いものですね。

日本人の特色の勤勉と努力で今日の経済力を持つようになりましたが、競争の中でも
私たちは共存共栄という精神で働いてきました。

今や共存共栄はほぼ死語となり自由競争の行き過ぎで弱肉強食ではないかと危惧しております。

テレビ・新聞でも毎日報ぜられるのは忌まわしい事件が中心です。
もっと心安らかな社会にしたいですね。
[PR]

by shoji1927 | 2010-08-15 15:39
2010年 08月 12日

葬式につて考える

人間は何かのキッカケで色々と考えるものですね。

実は数日前にいつもお元気だった方が突然、くも膜下出血で亡くなられたとの知らせを
受けて信じられない程の驚きでした。私と同い年でもあり、恵まれた環境におられた方でした

自分の場合に置き換えて考えてみると、人間は明日のことは分からないことが身近に感じます。

我々年配者の話題の一つは「女房より先に死ぬこと」です。
しかも「ぽっくり死が最高だ」が何よりだということで意見は一致します。  
以前にこのブログで私どむ夫妻は尊厳死協会に登録していることは書きましたね。

それはいつかはまだ分からないけれど葬式をどうするかについて家族に迷惑をかけたくないので
先日、懇意な葬儀社の主人に「都合のいい時に遊びに来てくれないか」と声をかけておいたら、
今日来てくれました。先方も用件は理解していたでしょう。
 さて、「私たちの葬儀はどうしたものかね」と最近の傾向等を気楽な気持ちで聞かせて
もらい大変参考になりました。
私たちの希望は、出来るだけ皆さんにご迷惑をかけたくないのが優先なんですが

菩提寺のご住職にも相談しておく必要もあるとか結構、色々ありますね。

お盆の季節でもあり、後ろ向きの話題で申し訳ありません。皆さんには無関係の話しですよ。
[PR]

by shoji1927 | 2010-08-12 17:15
2010年 08月 09日

原爆、被弾のころ

毎年この時期になると広島・長崎への原爆による惨事が大きく取り上げられるますが、
今年は65年目であり、始めて駐日アメリカ大使はじめ核保有国の要人が参列されました。

オバマ大統領のプラハでの世界から核爆弾をなくそうとの演説があって以来、

世界の関心が強くなっていますが本物であって欲しいものですね。

間もなく終戦記念日がきます。私は当時18歳でしたが青春時代の多くを戦争とその後の
混乱の中で過ごした一人です。

でも、夢中になって生きてきたことは人生に大きな経験をさせてもらい
不満のようなものはありません。

それは私だけでなくみんな同じだったからでしょう。

マッカーサー元帥が実質的に最高権力者だったのです。
日本の政府は占領された立場であり、特に終戦2週間前に八王子市はほぼ焼け野原からの
再建でしたから困難は山ほどありましたが、戦争が終わった安心感は、それを上廻るものでした。

2度と戦争はしていけません。戦争を知らない人が大部分の時代になってよかったですね。
[PR]

by shoji1927 | 2010-08-09 16:47
2010年 08月 06日

現在完了・過去官僚

昔、学生時代に英文法で現在完了形とか過去完了形とかを勉強しましたが、

政治家の世界では過去官僚の方が多いですね。偶々、故大平正芳元総理を
モデルにした小説を読んでいますので語呂合わせで過去官僚から政治家になった
方々いかに多かったかを思いだします。
 
現在は官僚政治から政治家による政治をしようと声高に唱えておりますね。賛成です。

長年、日本のエリート官僚が実質的に、この国をリードしていましたし、志ある官僚は
政治家になって(正に過去官僚)首相になった方は沢山いらっしゃいます。
政治の仕組みの裏の裏まで知り尽くしているので根回し上手でした。

私のような一市民は、その時々の国のリーダーを信じるしかありません。
しかし役人天国の時代は終わったと思います。

どうか政治家諸賢の方々は言葉と実行力で国民が頼りにしたくなるようなリードを
お願いしたいものです。
[PR]

by shoji1927 | 2010-08-06 16:36
2010年 08月 04日

実在が確認出来ない老人問題

このところニュースで連日、報ぜられている100歳以上の方々で住民票にはありながら
実在の確認が出来ない事件が多いですね。何とも淋しい話しです。

核家族時代になってから家族という基本の問題が軽くなり今度の事件は
起きるべくして起きたことでしょう。 今でさえこんな問題が起きて驚いていますが
寧ろこれからが大問題になるでしょう。

若い人が、なかなか結婚せず、独身の気楽さを満喫していたら、いつの間にか
自分が身寄りのない高齢者になってしまうのです。怖いことですよ。

家族を持てば責任や束縛も出てきますが、誰よりも頼りになる人が出来るのです。

私自身が高齢者だから言うのじゃないんですよ。

独身の方々に一日も早く結婚することをお奨めします。

老婆心が過ぎましたでしょうか。
[PR]

by shoji1927 | 2010-08-04 13:18