Shoji Times

shoji1927.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2010年 07月 31日

病院主催のコンサート

昨夜(7月30日)、八王子消化器病院でのロビーコンサートへ出席しました。
今回は、国際的に活躍されているソプラノ歌手、家田紀子さんの見事な歌でした。
聴衆は入院中の患者さんが主客で私たちも芸術を堪能させて頂きました。

帰りに家内と行きつけのすし屋へ行ったところ、
知り合いのJ氏ご夫妻とも一緒になり話に花が咲きました。
そのうちお客が次々に見えて満席になったのです。

すし屋の亭主に「ご繁昌だね」と云ったら、彼、曰く「いつもこうだといいんですが
今夜は特別ですよ」とのこと。

私夫妻は福の神で「お二人揃って来てくれるとお客さんが多いです」とのことでした。

何かの回り合わせかと思いますが、こちらも嬉しく感じました。

いつも通りの酒量なのに、いい気分になり風呂にも入らず、寝てしまった一日でした。
[PR]

by shoji1927 | 2010-07-31 14:53
2010年 07月 30日

ストレステスト

昔から梅雨明け10日といいますが今年はそれを大分越えた暑い毎日ですが、
昨日と今日久しぶりに雨となり、気温も少し下がりほっとしております。

先週ヨーロッパの銀行のストレステスト(資産査定)があり、どうやら心配レベルのところは
少ないという発表がありましたが、審査が甘いとか云われておりますね。

さて、日本は大丈夫かと心配されている中で自国の赤字国債をその国民が買っている
という世界でも珍しい国ですから、通貨としての日本円が安心度が高いと円買いが続いています。

本来、輸出立国の日本では、円高打撃を受けて、企業の利益を圧迫して間接的に雇用機会を
失い苦労していることが毎日のニュースで知らされています。

国会も短期間開かれるようですが、失礼ながら議員の方々は国民のことを本当に心配して
政治活動をしているのかテレビの報道で見る限り疑いたくなります。

国会議員のストレステスト(この場合健全性審査ですね)を民間人にして欲しいと思います。
[PR]

by shoji1927 | 2010-07-30 17:03
2010年 07月 26日

平均寿命の発表を見て

毎年、世界の長寿国の状況が発表されますが、今年も男女平均で日本は世界一

特に女性は86.44歳と24年間トップを続けています。男性は79.59歳で5位ですが
長寿度を更新しつつあります。

国の予算のニュースが毎日報ぜられていますが老人医療や老人対策費用が年々
多くなっており何だか肩身が狭い感じです。

自分で云うのも耳ざわりかと思いますが、元気で社会活動している高齢者も大勢いることを
認識してください。

誰でも好んで病気になる人などおりませんが日頃から若い人たちに迷惑かけたくない
と、それなりの努力と精神的な向上心をもち続ける気持ちが大切だと思います。

下手でも気にせずに「内容の低い」ブログを書いている私です。
[PR]

by shoji1927 | 2010-07-26 21:20
2010年 07月 25日

朝の連続ドラマ

朝の連続テレビドラマで「ゲゲの女房」を観ています。今、放映されている時代背景が
ちょうど私たちが経験したころに近いので親近感をもって毎日楽しみにしております。

マンガブームが来る少し前の状況が演じられていますが、やがて大ブームになるわけで
麻生元総理も漫画好きで話題になった通りで、電車の中で大学生が漫画を
夢中で読んでいるのは自然の情景でした。

同時に敗戦から立ち直り、経済発展過程であんなこともあったなと思い出します。

現天皇が皇太子として、ご成婚の時に次ぐテレビ普及が東京オリンピックだったことも
思い出の一つです。

当時まだ陽の目を見なかった漫画が「鉄腕アトム」はじめアニメが一躍脚光を浴び
世界的に日本のアニメ映画が注目されることになったのです。

朝ドラも世相を物語る、ひとつですね。
[PR]

by shoji1927 | 2010-07-25 14:03
2010年 07月 21日

梅雨明け

梅雨明けが待ちどうしいと云っていたところ、さて本格的な真夏となりました。
逢う人ごとに「暑いですねえ」がまず挨拶の最初の言葉です。

ニュースで熱中症で幾人倒れたかが報ぜられ、特に老人が多いことが気になります。

先日、友人で夫人に先立たれ、暑いにつけ寒いにつけ鰥夫(やもめ)暮らしの切つなさを
俳句にして立派な本を発刊し私にも送って頂きました。

彼は経済評論家でありNHKの論説委員長として常にテレビに出演していたほどの人物です。

平成20年秋、リーマンブラザースの経営破綻がキッカケで世界的規模の株式大暴落のころ

「あらあらと株価 崩るる寒露かな」 とか 「秋風や 己に甘き 相場観」等々のユニークな句も
おりまぜてありました。

俳句特有の季節感 豊かな約300頁のハードブック 「閑雲流水」 です。

私には俳句をつくる資質がないので、ただただ感心して拝読するばかりです。

また、この暑さのせいか訃報が多く、ほとんどが私より若い方々でショックを受けています。
どうぞ皆さま無理しないで健康維持に心してください
[PR]

by shoji1927 | 2010-07-21 20:50
2010年 07月 19日

空の色に感動!

感動がなくなった人生は空しいものでしょう。日本人は平均的に感情を表に出さない人
が多いですね。まるで、喜怒哀楽を表に出さないのが美徳のようです。
多分、これは侍文化の影響もあったでしょう。

実はこの連休に土曜日の夕刻、交通情報を確かめ渋滞なしと分かったので6時過ぎに
中央道を富士山に向けて走りました。

西の空の雲と晴れ間と夕焼けの見事な色の組み合わせとコントラストの美しさに
私と妻と運転してくれる娘の3人は言葉もでないほどの感動を受けました。

過去にもいくつもの感動は味あっていますが、こんな素晴らしい瞬間は久しぶりでした。

人は夫々感じ方が違います。だからこの美しさの瞬間に対しても感動は夫々だったと思います。
しかし、目的地に着いても何度も何度も感じ方について話し合い、盛り上がったのです。
「いいものを見たね」は共通の感動といえるでしょう。

社会情勢は世知辛いことばかりですが、見落としているいいものが我々の周囲にはあるものです。
マスコミはマイナス材料のニュースばかり流しているような気がしてなりません。

世界中の人々に感動を与えるようなことがあるのに何故か取り上げられませんね。

今日はひとりで感情的になっているようでご免なさい。
[PR]

by shoji1927 | 2010-07-19 21:37
2010年 07月 16日

梅雨の終わり

梅雨の終わりの頃はいつも大雨が降ることが多いですが今年はゲリラ豪雨と言われ
九州はじめ被害にあわれた皆さまにはお気の毒なことと、お察しすると共にお見舞い
申し上げます。

口蹄疫に襲われた宮崎県の最後に残された種牛も結局、処分される事になったようで
なんとも可愛そうですね。若し自分が丹精して育てた動物が・・・と思うとやりきれない気持ちです。

東京はお盆が7月ですので、わが家では13日に恒例の迎え火をで焚き、
先祖の霊を仏壇に迎えるささやかな行事を行っております。

私の兄弟が夫々夫婦揃ってきてくれて、賑やかに夕食を共にしたものですが、今や人数が減って
一緒に住んでいる家族だけになりました。これも自然のことでしょう。今日の夕刻には送り火を焚き
ご先祖さんは無事にお墓へ帰りました。

日本の一つの風物詩的なもので何か「ほっとする」気分です。
[PR]

by shoji1927 | 2010-07-16 18:19
2010年 07月 14日

ワールドカップの賞金

毎日、溢れるほどのニュースが報ぜられ、明るいものや暗いものと様々ですね。

ご承知かと思いますがサッカーワールドカップで決勝トーナメントへ進出したチーム
特に優勝したスペインに支払われた賞金を聞くと名誉だけではなく賞金金額(3000万ドル)
は流石!と思わせますね。

スペインは国家的、財政危機にある中で明るい話題でしょう。

優勝賞金は過去のW杯の最高額だそうです。勿論、準優勝準々決勝チームにも
大金がでました。

日本チームはじめ16チームにも夫々1000万ドルが払われ
他にも出場準備金として一律に100万ドルが支給されています。

個々の優秀選手にも相当額が支払われているでしょう。

今日はお金のことばかりで終わりです。
[PR]

by shoji1927 | 2010-07-14 11:13
2010年 07月 11日

高齢化社会

今日は、参院選挙の投開票日なのでテレビの番組も政治問題を避けていますね。
そのかわり今夜は賑やかなことでしょう。多くの人たちは参議院の不要を云っています。
現在の状況では、参院本来の良識の府としての存在とは云えなくなっているので
この選挙終了後にも、あるべき姿に直してほしいものです。

午前10時過ぎに家族の一部の3人で犬2頭を連れて投票に行きましたら投票するのに
列に並ぶほどでした。
これは投票率が高いのか時間的に混むタイミングだったのかわかりませんが驚きでした。

目立つのは投票に来る人に高齢者が多いことでした。

先週ある昼食会で丸テーブル8人でしたが先に着席していたところへ
「ここ空いていますか?」と来たひとに「どうぞどうぞ、若手が来てよかったね」と
云ったら、その人曰く「私も70代末ですよ」とのこと、「だからこの席では若手と云うんだよ」
とのやりとりでした。
これが現在の世相なのか、たまたま同年齢群は「類と友を呼ぶ」現象なのでしょうか。
[PR]

by shoji1927 | 2010-07-11 12:19
2010年 07月 09日

国民番号制について

人にもよるでしょうが、得てして人間は大衆を前に演説すると、興奮してか
結構大変なことを口走るようですね。
なんとか人気が出るようにと政治家の方々は口調がはげしくなり、あとで録音を聞いて
自分でも「しまった」と思うのじゃないでしょうか。

聴衆は割合いに冷静で、出来っこないと聞き流している人が多いようですね。

ところで国民番号というか各国も夫々のお国柄もあってまちまちですが私は
公平を期すためにはあった方がいいと思うっています。

基本的に「税務」「社会保障」「住民登録」「教育」「選挙」「兵役」があるでしょう。

私の知る範囲では6項目全部使っているのは、スエーデンと韓国です。
「税務」は番号制度をとる国は全部やっていますが、意外なのはイタリアは「兵役」にも
使っています。

日本では個人情報を守ることが重視され電話番号帳に掲載しない方も多いですね。
確かにどこで調べたのか毎日「売り込み電話」で迷惑しています。
このごろは、FAXでも「お呼びでない」のが来て、どこで調べるのかな?と思います。
名簿業者という商売もあるようで困ったものですね。
[PR]

by shoji1927 | 2010-07-09 18:04